フルーツのレシピ

【柿料理】 トースターで柿を焼くとどうなるのか?

柿は焼くと以外においしい?

いきなりですが、焼いた柿を食べたことありますでしょうか?

フルーツを焼くことって、あまりないですよね。

焼きリンゴであれば味のイメージができると思いますが、

柿を焼くと、どんな味がするのか想像ができない。

という方が多いと思います。

今回、柿を焼いた感想と、その方法をお伝えします。

『柿の焼き方ってどうしたらいいの?』
『柿が大量にあって、どうやって消費しようかな?』

という方は参考にして下さい。

それではいきましょう。

焼き柿は、バターが必須

まず、最初に食べた感想というか、結論を言っておきます。

『メッチャおいしかったです!』

ただ、おいしく食べるには条件があります

バターを乗せた方が、絶対においしいです!

個人的な感想として、

「ただ単に焼いて食べるだけなら、生の方がおいしい」

と思いました。

それではいきましょう!

柿をトースターで焼きました

今回、太秋柿で焼き柿を作りました。

まず、ヘタ部分をカットして、切り込みを入れたら、トースターで焼きます。

220度で15分ほど焼きました。

5分後、皮がパリパリになってきて、表面が乾いてきました。

10分後、切り込みが大きくなってきて、甘い香りがしてきました。

15分後、さらに切り込みが大きくなって、さつまいもみたいな、甘い香りがしてきたので完成です

バターを塗って、食べてみました。

美味しい!!

バターの風味&若干の塩っけが、柿の甘味とメッチャ合う!!

表面は焼けていますが、中身は果汁がたっぷり残っていて、ジューシーです。

太秋柿のサクサクの食感が残っていて美味しかったです。

焼くだけなら、生の方がおいしい

ちなみに、庄内柿でも試してみました。

庄内柿はバターを乗せずに、そのまま食べてみたんですが、、

正直、

『焼かずに生で食べた方がおいしいかも・・・』

という印象です。

ネットで調べている段階では『甘味が増す。』と書いていましたが、

甘くなっている感じはなかったです。

焼くことで、果肉がトロトロになりますが、

ただ単に、あったかい柿を食べてる印象で『甘くなった』とは感じなかったですね。

柿じゃなくても、フルーツは常温で食べた時と、冷やして食べた時を比べると、

常温の方が甘く感じます。

焼くことで暖かくなって、甘く感じる。ってことなんでしょうか、

どっちにしても、焼かずに生で食べた方が断然おいしいですね(笑)

【結論】焼き柿は、バターを乗せると美味しい

今回柿を焼いてみた結論として、

『バターの風味と塩味は、柿の甘味と合う!』

ということがわかりました。

スイカに塩を振って食べるみたいなことでしょうか、意外にも合うんですよね。

今思えば、

塩を少し振ると、もっとおいしくなるのではないか?

と思っています。

そして、

焼き柿を作る品種は「太秋柿」がいいと思います。

太秋柿が、そもそもおいしい!

今回の焼き柿は、太秋柿を使ったのがよかったのでは?

と思っています。

太秋柿のサクサクの食感は、一般的な柿では味わえません。

梨みたいな食感で「これ、本当に柿??」と思うほどシャクシャクの食感で、噛むと果汁が溢れ出るような、ジューシーな柿です。

初めて食べた時は

「何この柿!果汁が多くて、おいしすぎる!」

と思いました。

太秋柿は焼かずとも、驚くほどおいしい柿なので、食べたことのない方は一度食べてみることをおすすめします。

(ちなみに、当ショップでは取り扱っていません・・・残念・・)

ということで、今回焼き柿を食べた感想でした。

以上です。

最後まで読んできただきありがとうございました。

それでは〜、、、

 

参考

「柿の切り方がわからない・・」
「種を切ったら嫌だ!」
という方は『種を避ける柿の切り方』を紹介しているので参考にして下さい。

「柿の種を避けて切る方法」

 

この記事は動画でも紹介しています。

動画で見たい方は、以下からどうぞ。

  • この記事を書いた人

ヨシハマ リョウジ

農家直送フルーツショップ「ときわオンライン」店長
スーパーでは手に入らない『無農薬フルーツ』や『地域オリジナル品種』のフルーツを探し求めて、全国の農家さんに会いにいっています。
夏場は石垣島にある「ときわマンゴー園」で農家として収穫作業。
また、「国産バナナを日本の食卓に広めたい!」という夢があり、石垣島で無農薬バナナを育てています。

→いろいろ発信しています

-フルーツのレシピ
-, , ,