話題の品種を食べた感想

クイーンルージュを食べた感想

赤いシャインマスカット
クイーンルージュ

先日、メチャクチャおいしいぶどうに出会ってしまいました。

その名は・・・

「クイーンルージュ」

赤いシャインマスカットと言われ、種無しで、皮ごと食べられて、しかもシャインマスカット並みに甘い。

という品種なんですね。

ちょっと前に、山梨のぶどう農家さんにおしえてもらって、メチャメチャ気になっていたんです。

それで、時期になったので取り寄せてみたんですが、

「これは、シャインマスカットを超えたかも!」

と思えるほど美味しかったです。

今日は、「クイーンルージュ」の紹介をしようと思います。

当ショップでは取り扱っていませんが、「食べてみたい」という方は是非探してみて下さい。

まずは、クイーンルージュを食べた感想をまとめました

■甘味  ★★★★★
■酸味  ★☆☆☆☆
■果汁  ★★★☆☆
■香り  マスカットの香りがします
■食感  硬め
■皮   薄い、皮ごと食べられる
■タネ  なし
■品種の掛け合わせ
シャインマスカット×ユニコーン
■房サイズ 400g~500g
■粒のサイズ
15~20g(シャインマスカットくらい)
■時期 9月下旬~10月中旬
■主な栽培地
長野県、長野オリジナル品種
■価格
1房(450g前後)→ 3000~3500円

酸味がないから、甘味が強く感じます

食べた感想は、「シャインマスカットより甘いかも、、」

と言う感想です。

酸味がほとんど感じられなかったので、甘味が強く感じられます。

そして、

後からくる風味がシャインマスカットに似ていて、さっぱりとした爽やかな風味が感じられます。

甘さがしつこくないので、パクパクとずっと食べていても「飽きがこない」という印象です。

粒の色づきが薄い部分は、なんとなく甲斐路の風味にも似ていると感じました。

甲斐路を知っている方であればわかると思いますが、

クイーンルージュは粒の形や、色づき具合が甲斐路にそっくりですよね?

ちょっと細長い粒が似ています。

なので、

甲斐路のイメージがあって、風味も似ていると感じたのかもしれません。

まぁ、皮の厚さも全然違うので、食感と甘味は全く違いますけどね。

タネなし、皮ごと

シャインマスカットもそうですが、やっぱりなんだかんだで『タネがない』『皮ごと食べられる』っていうのは、手軽でいいですよね。

以前にも、「フルーツはナイフを使わずに手軽に食べられる方がいい。」「食べるハードルが低い方がいい」

と個人的には考えているのですが、クイーンルージュはまさに『手軽』です。

なんと言っても、洗って食べるだけですから(笑)

ホント笑ってしまうくらい手軽です。

クイーンルージュの皮の薄さは、シャインマスカット以上かもしれないです。

めちゃくちゃ薄くて、口に残る感じは全くなく、ホント食べやすいです。

結論、甘くて手軽でおいしい!

とにかく、一言でまとめるとメチャメチャおいしいぶどうです。

家族で食べたんですが、息子たちの食いつきがすごかった!

ちなみに、息子たちはフルーツの英才教育で舌がかなり肥えています(笑)

我が家には常にフルーツがあって、毎日食べているので、

ちょっとしたフルーツでは、眉毛ひとつ動かさなくなっているんですが、、

(なんて、贅沢な!)

クイーンルージュは久々に、食いついていましたね。

いや、ホントにおいしいぶどうでした。

栽培量が少ない・・・

クイーンルージュは、まだまだ生産量が少ないんです。

なので、スーパーではほとんど見る機会がないでしょうね。

なぜ、少ないかというと、そもそも新しい品種だからです。

2019年に品種登録され、2021年が初出荷された品種なので、ホントにここ最近の品種なんですね。

さらに、生産量が少ない、もう一つの理由は

長野県オリジナル品種だからです。

長野県果樹試験場が育成した品種なので、長野県以外では栽培ができません。

色々調べてみると、クイーンルージュの県外流出の対策は徹底しています。

商品にも「®︎」をつけないといけないだとか、

クイーンルージュを使った加工品でも、許可の申請が必要だったり、とか

徹底した対策が行われています。

なので、生産量は少なくなっているんですね。

今後も増える品種ではなさそうですね。

オリジナル品種って多くない?

ところで、最近出てくるフルーツはオリジナル品種が多いと感じませんか?

新しい品種が出てきたら、「○○オリジナル品種」というのが多い印象があります。

このオリジナル品種の背景には、海外への流出を阻止しようというところがあるのかな?と思います。

この記事を読んでいる方はフルーツ好きの方が多いので、ご存じだと思いますが

シャインマスカットが中国や韓国で大量に栽培されていますよね?

シャインマスカットは、日本での商標登録はしていましたが、海外への流出をあまり深く考えていなかったのか、海外での商標登録を行なっておらず、中国、韓国へ苗が流出してしまった。ということです。

現在では、中国産、韓国産のシャインマスカットが香港、タイ、マレーシアなどで販売されていて、価格は日本の3分の1くらいだそうですよ。

数年間には、かなり問題になっていましたが、後になって「日本のものだ!」と訴えても、違法ではないのでどうすることもできません。

このような、海外流出はシャインマスカットだけじゃなくて、他にもあります。

福岡のイチゴ「あまおう」や、さつまいもの「紅はるか」も同じように海外へ流出しているそうです。

去年は、愛媛オリジナルみかん「甘平」が韓国で栽培されている。とニュースになっていました。

こういった流出の背景から、海外でも商標登録を行なったり、オリジナル品種が増えているのかもしれないですね。

少なくとも、クイーンルージュは確実にシャインマスカットから教訓を得て、流出規制を行なっています。

開発に数十年・・・

新品種を開発するために「育種家(ブリーダー)」という人たちがいます。

新しい品種を作るためには、何年いや、何十年もかかることがあって、育種家の方々がああでもない、こうでもない。と研究しています。

果樹は1年に1度しか、実験した結果が出ないので、一つの品種を開発するのにメチャメチャ時間がかかる。っていうのは想像できますよね。

年数をかけて、実らせることに成功しても「おいしくなかった・・・」とか、「病気に弱かった・・・」とか、失敗も多くあるので、ほんと膨大な時間と労力がかかっています。

そんな育種家の方々の努力を考えると、流出問題は大変な問題ですよね。

知的財産の流出というか・・・

やっぱり、しっかり考えるべきだよなぁ。と考えさせられます。

一方、規制をかけずに、多くの人に広まった方が認知度も上がるし、その方がいいんじゃないの?

という意見もあると思います。

確かに認知度のことを考えると、そっちの方がいいですよね。

どっちの意見も「確かになぁ」って思いますが、でも作った方への敬意は忘れたらダメですね。

本日は以上です。

最後は、少し難しい内容になってしまいました・・・

とにかく、クイーンルージュはメチャメチャ甘くておいしいので、興味のある方は探してみて下さい。

当ショップでも、どうしても取り扱いたいので、長野の農家さんを探してみようと思います。

それでは、本日以上となります。

長い文章を、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは~、、、

 

  • この記事を書いた人

ヨシハマ リョウジ

農家直送フルーツショップ「ときわオンライン」店長
スーパーでは手に入らない『無農薬フルーツ』や『地域オリジナル品種』のフルーツを探し求めて、全国の農家さんに会いにいっています。
夏場は石垣島にある「ときわマンゴー園」で農家として収穫作業。
また、「国産バナナを日本の食卓に広めたい!」という夢があり、石垣島で無農薬バナナを育てています。

→いろいろ発信しています

-話題の品種を食べた感想