フルーツ旬の時期 (レビュー・紹介)

【媛小春】驚きのみかんの品種に出会ってしまった!

先日、衝撃的なみかんの品種に出会いました。

その品種は「媛小春(ひめこはる)」

その特徴は、とにかく甘く、爽やか!

これまで、何十種類も柑橘を食べてきて、舌も肥えてきたのか

最近では正直、驚くほどの品種には出会うことはなかったのですが、

「媛小春」には驚きました。

「甘平」「紅まどんな」「せとか」以来の衝撃です。

愛媛の道の駅がすごい

先日、愛媛県八幡浜市のマルナカ農園に「デコポン収穫の写真撮影」と「Youtubeの用の撮影」でお邪魔していました。

その帰りに道の駅に立ち寄ったのですが、そこで「媛小春」に出会ったんですね。

ちなみに、Youtube用の撮影では、

マルナカ農園の園主、中野さんとの『デコポン収穫勝負』と『農業用ドローンで飛べるのか?』という企画だったのですが、

ドローンでは、本当に軽く浮いています。興味がある方は見てみて下さい。

こちら→【Youtube】農業用ドローンで飛んでみました

道の駅は、その地域の特産物が集まっているので、

「珍しいみかんの品種に出会えるかも、、」

と思って立ち寄ったんですが、

バッチリ、的中でした!

みかんの品種がほんとすごい!

聞いたことのない品種や、気になっていたけど、食べたことのない品種がずらり!!

僕にとってはパラダイスです。

僕はみかんの品種の勉強ために、たくさんの品種を食べていますが、

ネットで取り寄せても、5キロとか箱で届くので食べきれないんです。

腐らせるのはもったいないので、

友人と会う時に持って行ったり、電話して渡しに行ったり、

それが、とにかく大変なんですね。

それが、

道の駅だと、袋に入って1キロほどで買えるのでメチャメチャ便利!!!

さすが、愛媛の柑橘研究はすごい!

そこで、気になった品種を4品種買いました。

せとか」の親にあたる品種「津之望(つののぞみ)」と
同じ交配の『天香(あまか)』

農家さんから、おいしいと聞いている『たまみ』

と『媛小春』

「甘平」の親にあたる『西之香(にしのかおり)』

味が気になりすぎて、買ってすぐに車の中で味見しました。

それが、驚くほどおいしかったんです!!!

正直「西之香」は普通かな。

という感想ですが、「たまみ」「天香」「媛小春」

この3品種の美味しさに驚きました。

その中でも、驚いたのが「媛小春」

ほんと、驚きの美味しさです。

見た目は黄色で酸っぱそうな印象ですが、

甘いし、味が濃いし、果汁がたっぷり!

そして、独特の風味があるんです。

皮も柔らかく、剥きやすい!

温州みかんを、蔵で寝かせて酸味を抜ききった「蔵出しみかん」

というのが、和歌山の下津町にあるんですが、

似てるかもしれません。

媛小春は愛媛県のオリジナル品種だそうです。

媛小春の栽培は難しいので、生産者が少なく、あまり出回ることがないそうですが、

「食べてみたい」という方は是非探してみて下さい。

ほんと、驚くほどおいしいですよ。

僕も心底、惚れ込みました。

媛小春は、当ショップでも取り扱いたい!

と強く思ったので、農家さんを探してみようと思っています。

ちなみに、今回、「媛小春」に衝撃を受けましたが「天香」と「たまみ」も相当おいしかったですよ。


たまみ


天香

今、名前の知られている人気品種(せとか、デコポン、甘平など)と肩を並べられる。と言っても言い過ぎではないほどです。

こちらも、ご興味があれば探してみて下さい。

それでは、本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは~、、、

この記事は動画でも紹介しています。

  • この記事を書いた人

ヨシハマ リョウジ

農家直送フルーツショップ「ときわオンライン」店長
スーパーでは手に入らない『無農薬フルーツ』や『地域オリジナル品種』のフルーツを探し求めて、全国の農家さんに会いにいっています。
夏場は石垣島にある「ときわマンゴー園」で農家として収穫作業。
また、「国産バナナを日本の食卓に広めたい!」という夢があり、石垣島で無農薬バナナを育てています。

→いろいろ発信しています

-フルーツ旬の時期 (レビュー・紹介)